スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金ペン堂

  • 2010/08/26(木) 20:41:02

僕は、現在、万年筆を3本所持しています。

ラミー サファリ ×1
モンブラン ノブレスオブリージュ ×1
モンブラン スターウォーカー ×1

3本もあるくせに、新たに…万年筆を通販で1本買ってしまいました。

ペリカンのデモンストレーター
通称ペリスケ

万年筆を買う条件として、僕は2つあります
①カートリッジではなくて吸引式がいい。
②キャップは引っこ抜き式ではなく、ネジ回し式がいい。

ペリスケは金額の割りに(安い)、上記の条件を満たしている
お買い得品です。

今日は神保町の三省堂にそのペリスケ用のボトルインクを買いに行ってきました。
お目当てのインクは無事に買うことができました。

その帰り道に、金ペン堂という万年筆屋さんがあいているのを発見。
以前からいきたいなと思っていたので、帰りがてらに覗いてきました。

すいていたので、お店のおばちゃんと万年筆のお話をしているうちに、
試し書きをさせてもらえることになりました。

まず、ウォーターマンの万年筆(18金のペン先)を書かせてもらいました。

すべりが違う…

僕のもっている万年筆のどれよりも滑らか…。

さらに追い討ちとして、おばちゃんがペリカンのスーベレンを
書かせてくれた…。

さらに書き心地が…イイ…。

すごく…イイ。

なんていうか、ほんとうに滑るようにかける…。

この書き心地は反則ですというくらいすごい!
カルチャーショックを受けました。

万年筆ってこんなにすごいんだ!!
と改めて感じた瞬間でした。

おばちゃん曰く、調整の入っていない万年筆はかわいそうな万年筆だと…。

なんかほんとうにそうおもった。
嫁が買ってくれたモンブランは、銀座のモンブラン直営店にいって調整
し生まれ変わらせてこようとおもいます。

んで、つぎのターゲットはペリカンのスーベレン。

僕の目を開眼させてくれた金ペン堂で買うことに決定。

冬のボーナスで買うことにします。
嫁を説得しないと…。
価格は52,500円…。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。