スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運100%

  • 2007/03/01(木) 22:04:37

ITILファウンデーションを受験してきました。

受験予定にはまったくなかった資格なんですが、会社の命令で泣く泣く受験へ…。


40問中26問正解つまり65%で合格ですが、とった点数が見事65%。

ギリギリです。

僕的にはえらい難しかったんですが…。

みんな簡単にとるのでてっきり易しい試験かなとおもっていたんですがとんでもない。
久しぶりに考え込みました。

脳みそを使いすぎて今日は疲れてしまいました。

さて、来週は花粉の溢れる首都、東京です。

なんで東京には花粉が多いのでしょう…
だれか教えてください。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

合格おめでとうございます。

人によっては難しいですね。
僕の周りでも持っている人がいますが、
そろって、」簡単だよ」というので、
そうなんだろうと思っていたのですけれど。

花粉はどうなんでしょう。
幸いぼくは、今のところ発症していないのですが、
花粉症の人は、鼻がグズグズして辛そうです。

僕は、今週末にCCDA再チャレンジです。
ピアソンデビューです。
ニコニコ現金払いをしようと思っていたのですが、
やり方がわかりませんでした(笑)

CCIEの勉強ばかりでDAの勉強はほとんど
していませんが・・・


  • 投稿者: はいねけん。
  • 2007/03/01(木) 22:13:08
  • [編集]

ピアソンは試験会場が当日申し込み可能で当日現金払い可の会場に電話で予約するとできます。
1回やると癖になります(笑)

CCIEかあ…。
頂ですね。
お互いがんばりましょう。
テキストの翻訳も含めて…

  • 投稿者: fouly
  • 2007/03/03(土) 17:49:53
  • [編集]

なるほど!
電話なんですね。
web上でのやり方を探していました(笑)

MCSEおめでとうございます。
これも一つの頂ですね。
なんだかんだで、例の長文は克服できたってことですね。
忍耐力がついたかな?(笑)

シミュレーションってのは、シスコのシミュと同じような感じですか?

  • 投稿者: はいねけん。
  • 2007/03/04(日) 17:40:31
  • [編集]

電話すると、楽すぎてweb予約が面倒くさくなります(笑)

頂は頂でも「忍耐」の頂です。
あれだけ長文だと勉強するのが苦痛で苦痛で…。

シミュは、シミュ上にwindowsが擬似的にあってデスクトップ画面からいろいろ操作するんですけれど、シミュに関係ない操作はできないというか、サポートされていないのです。
裏を返すと、正解に関係なことはできないので、いろいろ操作していると何とか正解にたどり着けます。
シミュがこれでいいのか?という疑問は常につきまといます。

  • 投稿者: fouly
  • 2007/03/04(日) 19:37:31
  • [編集]

なるほど、シミュは消去法でいけるわけですね。

先に進めば、それは正しい設定であると(笑)

確かに、それでいいんですかねー。

マイクロソフトによると、
========================
シミュレーション問題採用した MCP 試験の利点は次の通りです。

• 受験者は、単に問題を解くだけではなく、実務課題をクリアする能力を実証することができます。

• 実業務における経験そのものが受験対策となります。逆に、受験勉強のための演習が実務経験となります。

• シミュレーション問題は、実環境で起こりうる問題解決能力をより適切に評価します。

• 受験対策学習を通して、業務に対する自信を付けることができます。
========================
らしいのですが・・・

  • 投稿者: はいねけん。
  • 2007/03/05(月) 12:05:18
  • [編集]

先日、夜中に東京から帰還しました。
新幹線は満員でした。

マイクロソフトも自分が思っているようなシミュの実現は、難しいようですね(笑)

マイクロソフトは資格体系と数が多すぎですね。
しらべないとなにを受けていいかわからないというのはなんとも…

  • 投稿者: fouly
  • 2007/03/10(土) 12:00:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。